求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

求人・転職

薬剤師転職サイトに迷ったら!おすすめの選び方と人気ランキング5選

投稿日:

転職をしようと考えた時、あなたはどのような方法を取るでしょうか?

ハローワークに通うか、転職サイトに登録して求人を探すかの方法を取って行動するでしょう。

しかし、転職サイトは数多あります。

どのような特徴があるサイトなのか、求人は多いのか、登録する前は事前の情報もないので判断のしようもありません。

今回は転職サイトに登録する前に、おすすめ転職サイトをランキングにしてご紹介します。

予備知識としてこの記事を読まれて、各転職サイトの特徴を知った上で登録サイトを選べばあなたの転職が成功する可能性は高まるでしょう。

それでは見ていきます。

薬剤師の仕事

まずは薬剤師の仕事内容について簡単に見ていきましょう。

薬剤師の就業先として代表的なものに、薬局があります。病院で処方箋をもらって薬をもらいにいくのは、薬局です。

薬のスペシャリストとして薬局に勤めているということです。

薬剤師の仕事の根幹には、この薬のスペシャリストというものがあります。

年収は?

では薬剤師の年収はどれくらいが相場になっているのでしょうか?

同じ国家資格である看護師の年収と比較してみます。

  • 看護師 500万円
  • 薬剤師 500~1000万円

最低ラインでも看護師と年収は同じくらいになっています。

なぜ薬剤師の年収はこのように開きがあるのかと言いますと、就業する先によって違うからです。

最低ラインの500万円台は、調剤薬局や病院勤務の薬剤師がほとんどです。

ドラックストアだと600万円台というところが見られます。薬局や病院勤務より年収面では高めです。

1000万円台となると、創薬研究者やMRなどになります。薬を開発すると特許料を得られますので、年収以上に得られるものは大きくなるでしょう。そう考えると夢があります。

国家資格

薬剤師は国家資格です。

現在では6年間大学生活を送ることになっていますので、その価値は高まっています。

何より薬学部への合格率が年々減少傾向にあるため、薬剤師の存在価値は高まる一方でしょう。

同じ国家資格である看護師、介護福祉士と比較しても価値は圧倒的に薬剤師の方が上です。

看護師、介護福祉士は2年~5年で受験資格を得られますが、現在では飽和状態になっています。

筆者は介護福祉士の国家資格を持っていますが、この国家資格を持つ人は毎年多く生まれています。

つまり、人数が多い分価値は相対的に下がっているということです。

薬剤師の価値が高いのも、毎年保有する人がそこまで増えないのと高い専門性によるところが大きいでしょう。

今後の投資にもなる

突然ですが、今後の社会構造は徐々に機械化が進んでいくものと考えられます。

AIの発達によって、人間に代わりロボットが労働力となり生産性を高めていく時代が迫ってきているのです。

農業、製造業、その他の分野にも確実にAIが入ってきますが、薬の分野は人と人が対面して分かることもあります。

調剤も人の手を必要とするので、AIの進出はこの分野にはまだまだ入ってこないでしょう。

現在だけを考えたなら、いくらでも仕事はありますが10年、20年先となると分かりません。

手に職を付けるとはよく言いますが、薬剤師はその典型的な例です。

人がいる限り薬剤師の仕事は無くならない

人がなぜ病院に行くのかといえば、病気や怪我を治しに通います。

治療法として薬物療法が一般的な方法です。

病院に行き、医師の診察を受けて薬を処方してもらう、この流れは人が病気や怪我をする限りなくなることはありません。

何が言いたいのかというと、薬剤師の仕事がなくなることはないということを言いたいのです。

日本では昔から医師と薬剤師の区別はありませんでした。薬物療法が治療の主流となっていたからです。

人がいる限り、薬剤師は必要とされ続けます。

働く地域によって給料は変わる

では薬剤師の給料はどこでも同じなのでしょうか?そんなことはありません。

他の職種と同じく、給料も地域によって違います。

では地域と首都圏ではどういう違いが出ているのか見ていきましょう。

首都圏

首都圏の薬剤師年収の平均はどうなっているのかと言いますと、以下のようになっています。

  • 東京都 約500万円
  • 神奈川県 約550万円
  • 大阪府 約470万円

薬剤師の最低年収ラインという結果が出ています。

理由として首都圏には人が集まるという他の職種にも言える事情があることです。

薬剤師は売り手市場ですが、首都圏には皆が集まってきますので募集している就業先でも高給を出す必要もありません。

首都圏で働こうと考えているなら、年収は最低ラインになるということを覚えておいてください。

地方

地方だとどのような状況なのでしょう?以下のようになっています。

静岡県 約650万円

熊本県 約600万円

群馬県 約600万円

首都圏と比べて100万円くらい差があります。

これは地方では薬剤師が少ないので、高給を出さないと人は集まらないという事情のためです。首都圏とは逆の状況となっています。

単純に年収だけを見るならば、地方の方が収入は多いですのでこだわりがなければ地方で就業するのがおすすめと言えます。

医療従事者の中では中間

医療従事者の中で先ほど看護師の年収をご紹介しましたが、最高年収をもらっているのは医師です。

年収だけで見ていくと、医師と看護師のちょうど中間くらいの年収が薬剤師ということになります。

これは責任の順になっていると考えられるので、薬剤師は医師の次に責任があるということです。

医師の診断に沿って処方された薬を間違えてしまえば、病気も悪化してしまいますし副作用もあります。

だからこそ責任に見合うだけの給料となっているのです。

薬剤師の転職サイト

一昔前は職業に特化した転職サイトというものは少なく、複合した転職サイトが多かったですが今は特化型の転職サイトが主流となってきています。

これは転職する際転職者にとって、大きなメリットとなっているでしょう。

しかし数多ある転職サイトですが、選び方を間違えてしまえば無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

転職サイトを選ぶにあたって、どのようなところに注意していけばいいのかをここから見ていきましょう。

基準を決める

登録するにあたって、知られた転職サイトだからという理由で登録するのは時間の無駄となってしまいます。

知っているサイトだというだけで、あなた自身が転職すること基準を持っていなければむしろマイナスにしかなりません。

転職サイトによって対応が違うということをまずは覚えておいてください。

どのサイトも一律ではないので、自分に合わない対応を繰り返されたらストレスが溜まってしまいます。

転職先の候補が決まっている場合、その候補の求人に強い転職サイトを選べば転職スピードも早まるでしょう。

勤務形態によっても転職サイトによって特徴があります。

例えばですが、派遣で働きたいと考えているのに正社員求人に強い転職サイトを選べば、派遣求人自体ないかもしれません。

極端な例ですが、あなたが考えている基準と合致した転職サイトを選ぶことが重要なのです。

自分のペースと合うか?

転職サイトによっては、求人の紹介があなたに合わせたものか、サイト側のペースで紹介されるのかが分かれてきます。

サイトによってその特徴がありますので、注意していく必要があるのです。

転職サイトのエージェントは、求職者に転職先を紹介し無事転職させれば成果としてカウントされ給料に上乗せされます。

転職者の方を見ずに自分たちの都合を押し付けてくる、とも考えられるのです。

ここもものは考えようなので、もしたくさんある求人の中から自分で選んでいきたいと考えるなら、この雪崩のように送られてくる求人の中から選べます。

逆に一つ一つ詳しくじっくりという人には不向きです。

3つの転職サイトに登録

一つの転職サイトだけに登録し探すのは、幅を狭めてしまっている状態です。

転職サイトに登録し、その転職サイトが全ての求人を網羅しているのかといえばそんなことはありえません。

それぞれの転職サイトはそれぞれに求人を抱えています。

一つしか登録をしなければ、その求人を知らずに転職先を探すことになるのです。

自分に合った、希望に合った転職先を探すなら3つ位転職サイトに登録するのをお勧めします。

多すぎても対応に困ってしまいますので、3つ位がベストでしょう。

おすすめ薬剤師転職サイトランキング5選

では数多ある転職サイトの中から、おすすめしたいサイトをランキングにしてご紹介します。

【5位】リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、誰もが知っている転職サイト大手のリクルートが運営しているサイトです。転職サイトとしては老舗といってもいいでしょう。

強みは大手の企業やドラックストアといった民間企業への転職です。
逆に弱みは病院などの求人は少ないことです。

大手ですが、民間企業には繋がりがありますが医療機関には弱いということでしょう。

そして何より上位に比べてマイナスなのが、電話の多さです。

勤務しながら転職先を探しているのに電話されれば迷惑でしょう。

上記で書いたように成績に反映されますから、早く転職させようということです。

求人は多いですがマイナスポイントもあるのでこの順位にしました。

【4位】メディウェル

転職大手が運営しているわけでもなく、ではなぜこの順位に来たのかと言いますと運営している会社が調剤薬局チェーンの最大手だからです。

薬局関係の求人には強いものがあります。

薬剤師の転職に特化というより、薬局への転職に特化したとでも言いましょうか。

他にはマイナスポイントもなく、これといった特徴もありませんが薬局への転職を考えているなら登録しておくのもいいサイトです。

【3位】ファルマスタッフ

薬剤師の転職サイトの中でも、このファルマスタッフは派遣の求人に特化しているのでこの順位になっています。

転職する際、勤務形態を選びたいものです。希望する条件の転職サイトを挙げていくと、このサイトも入ってきます。

サポート体制も手厚いのが特徴となっていて、必ず面談して転職サポートしてくれますので直接あなたが希望している条件を伝えられます。

こちらのサイトを運営しているのは日本調剤グループです。さらに付け加えると、厚生労働省から職業紹介優良事業者認定企業に指定されています。

教育制度もありますので、復職しようとしている人にもおすすめできるサイトです。

【2位】マイナビ薬剤師

リクルートと並ぶくらいに大手のマイナビが運営しているマイナビ薬剤師。調べていて感じたのは、求人数は大手の割には少ないのとキャリアアップを目指している人には不向きだということです。

転職サポートは手厚いということですが、どうやらキャリアアップを考えてのことではなく生活しやすさを中心に求人を提案してくるということです。

確かに生活しやすさを求める人もいますし、親身になってくれているということでしょうが物足りなさを感じてしまいます。

復職をしようと考えている人にとっては、その第一歩として利用をするのもありでしょう。

【1位】薬キャリ

堂々の1位は薬キャリです。運営元は、エムスリーキャリアという医療系に特化した求人を扱っている会社です。

求人の多さは業界ナンバー1と言っていいでしょう。特に強いのが病院・薬局関係の求人となっています。

復職を希望している人や、ママさんにおすすめのサイトとなっていますが注意点があるのです。確かに業界ナンバー1の求人数を誇っていますが、転職エージェントの質に問題があります。

更に付け加えるなら、早く転職したい人にはおすすめできる、ということは電話がしつこいということです。

求人数の多さや病院・薬局関係には強い長所の代わりに大手の短所として電話の多さが目立ちます。

とは言うものの、すぐに転職したい人は求人が多く紹介されますので自分で選んでいけるということです。

以上ランキングで各サイトをご紹介しました。

薬剤師転職サイトまとめ

薬剤師の転職サイトについてこれまで見てきましたが、いかがだったでしょうか?

転職サイトを選ぶ際は、上記に挙げた注意点に気をつけつつ選ぶと良い結果につながるでしょう。

転職はキャリアアップを考えている方なら、ステップアップとして選択肢の中に入っているでしょう。

ご紹介した転職サイトを利用して、希望に合った転職先を見つけてください。

-求人・転職

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.