求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

コラム

失業保険の条件や手続きのやり方は?会社都合と自己都合の違いも徹底解説!

投稿日:

失業保険の条件や手続きのやり方は?会社都合と自己都合の違いも徹底解説!

失業保険と言うと、仕事を辞めたことで収入が途切れたときに受け取れるお金というイメージではないでしょうか?

職を失うまでは、詳しいことは知らないのが一般的です。

仕事を辞めてしまった、あるいは辞めることになるかもしれない人のために、受給するための条件や手続きの進め方などをまとめました。

退職理由が会社都合か自己都合でどのように違うかもわかりやすく解説します。

失業保険とは?

失業保険とは、離職して給与の支払いを受けられない期間、生計が維持できるように支給されるお金です。

従って失業してもすぐに就職した人は受け取ることはできません。一生懸命に次の仕事を探しているのになかなか見つからない人のためのものです。

なお、以前は失業保険と呼ばれていたため今でも多くに人がこの名称を使っていますが、正式には「雇用保険」です。

失業保険をもらうための条件

雇用保険への加入

仕事を辞めてから次の仕事が見つかるまでの期間に失業保険の給付金を受け取るには、雇用保険に加入している必要があります。

働いている間に雇用保険料を支払っていた人が受け取ることができるわけです。

加入していなければ、離職しても受け取ることはできません。どんなに長い期間その会社で働いていたとしても、雇用保険に入っていることが前提条件です。

加入している場合は、会社から雇用保険被保険者証を受け取っていることになっています。手元にない場合は、在職中に会社に確認しておきましょう。

給与明細で確認することもできます。雇用保険料として毎月いくらか差し引かれていたら、加入していることになります。

加入条件

雇用保険に加入するための条件ですが、

チェック!

  • 31日以上働く見込みがあること
  • 週20時間以上勤務していること

となっています。

例えばパートであっても毎日5時間、週4日以上働いて、31日以上働くつもりでいれば、雇用保険に入れます。

アルバイトでも加入できる?

このように正社員でなくても、契約社員やアルバイト・パートでも要件を満たしていれば、雇用保険に加入することができます。

自分が要件を満たしていると確認したら、上司など職場の人に相談しましょう。

加入は、勤務先を通じての手続きとなります。

雇用保険に加入すると、毎月保険料を支払うことになります。

これは会社と働く人が折半するのですが、それほど負担になる金額でもありません。離職したときに受け取れる金額を考えたら、加入することをお勧めします。

失業保険を受け取るための手続き

離職することになった場合、給付金を受け取る手続きは自分で手続きを行います。

準備するもの

離職後速やかにハローワークに申請します。

そのために準備するものがいくつかあります。

準備するもの

  • 雇用保険被保険者離職票-1
  • 雇用保険被保険者離職票-2
  • マイナンバーカード、通知カードなど
  • 身分証明書
  • 写真2枚
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳かキャッシュカード

離職票はどうやって入手する?

会社は退職する人が離職する前に「離職票」を作成し、ハローワークに提出します。

退職する人は、離職票に書かれている離職理由などをしっかり確認し、署名捺印を行います。

離職後に、「雇用保険被保険者離職票(-1、2)」が本人のもとに届きます。

それと準備しておいたものを持参して、ハローワークに行きます。

ハローワークへ行きましょう

申請は、自分が居住する地域を管轄するハローワークで行います。

手続きは次のような流れで進みます。

失業保険の手続きの流れ

  • 求職の申込
  • 離職票の提出
  • 受給資格の判定
  • 受給説明会への出席

受給説明会は受給資格が認められた人が受給方法などについて説明を受ける機会です。

通常は待期期間である7日を経過したあとの日程が指定されます。

日時はハローワークが指定します。

受給説明会は指定された日時で必ず出席しなければなりません。

失業保険の受給金額を知るには?

いくら給付されるのか、少しでも早く知りたいものです。

概算だと退職前の六ヶ月間の給与の50~80%になります。

給与が高い人は低い給付率、給与が低い人は高い給付率の傾向があります。

受給額の計算

受け取る金額は、「基本手当日額」×「給付日数」です。

基本手当日額は支給される一日あたりの金額です。一日当たりの単価に受け取る日数をかけて求めます。

給付日数は、年令の他、雇用保険への加入期間と退職理由により長さが違ってきます。

賃金日額と基本手当日額

退職前六ヶ月間の給与がもとになります。

残業、通勤、住宅手当は含まれますが、ボーナスなどの賞与、退職金、お祝い金などは除きます。この数字を180日で割ったものが「賃金日額」と呼ばれます。

「賃金日額」に給付率をかけると「基本手当日額」が計算できます。

給付率は厚生労働省が公開していますが、年令やそれまでの賃金によって異なります。

年令による違い

基本手当日額を計算する際に、年令によって4つのグループに分けられています。

離職時の年令によって、グループごとに基本手当日額の上限額が次のように決められています。

チェック!

  • 29才以下:6,370円
  • 30~44才:7,075円
  • 45~59才:7,775円
  • 60~64才:6,687円

働き盛りと言われる45から59才が最も高くなっています。

また、給付日数も年令が上がると増える傾向があり、45才以上60才未満がもっとも長くなっています。

加入期間

雇用保険を受給するには、過去1年間雇用保険に加入していることが条件になります。

ですから加入していてもそれが1年未満だと受け取ることできません。

ただし、加入期間が1年未満でも過去2年間さかのぼって他の会社で雇用保険に加入していれば合算が可能で資格が認められる場合もあります。

そして、同じ条件でも、加入していた時期が長いほど受け取れる日数が長くなります。

例えば30才未満で、会社都合により離職した人の場合です。

チェック!

  • 5年未満:90日分
  • 5年以上10年未満:120日分
  • 10年以上:180日分

加入期間が長いほど、受け取れる総額が増えるというわけです。

退職理由

退職理由は一般的に会社都合と自己都合の二つを良く耳にしますが、失業保険の認定を受ける際には次のように分けられます。

チェック!

  • 特定受給資格者及び一部の特定理由離職者
  • 就職困難者
  • それ以外の離職者

会社都合は「特定受給資格者」とされ、上記の「特定受給資格者及び一部の特定理由離職者」になります。

自己都合退職は原則的には「それ以外の離職者」となりますが、自己都合退職でも家庭や健康上の理由でやむなく退職せざるを得なかった人のために特定理由離職者というのがあります。

特定理由離職者と判定されると、通常の自己都合退職よりも給付日数が長くなります。

同じ自己都合退職でも、「それ以外の退職者」よりも「特定理由離職者」のほうが手厚くなっています。

会社都合と自己都合の違い

基本手当日額は同じでも、会社都合と自己都合では給付日数に差が出ることがわかりました。

それでは、会社都合や自己都合とは、どのようなケースを指すのでしょう。

会社都合

倒産、解雇などはもちろん、パワハラ、セクハラ、マタハラなどに対して改善が見られない、労働環境が契約と著しく相違したため働き続けることができない場合も会社都合と認められます。

退職理由については、離職票の記載がもとになります。

退職時にきちんと会社の人と認識を共有し、離職票に署名捺印する際に必ず確認するべきチェックポイントです。

自己都合

自己都合で退職する人の中には、働き続ける意思があったのに個人的な事情で辞めなければならなかった人もいるでしょう。

例えば、怪我や病気がそうですし、事業所の移転や結婚に伴う転居で通勤が不可能になったなどがそれに当たります。

確かに会社都合ではないけれど、働き続けるのが難しい状況はあるものです。

いろんなケースが想定され、特定理由離職と認定されるので、迷ったらハローワークで相談しましょう。

どのくらい違う?

単に辞めたいと理由から自己都合で辞めてしまうと、給付日数が少なくなります。

年齢に関わらず、加入期間が1年以上10年未満なら90日、10年以上20年未満なら120日、20年以上なら150日です。

会社都合や特定理由離職なら30才未満でも5年未満で90日、5年以上10年未満で120日、10年以上だと180日です。

年齢が上がると、さらに日数が増えます。

受け取れる日数が増えると、トータルで受け取る金額も増えます。

まとめ

加入の条件や計算方法などお話しましたが、受給額を手っ取り早く知るには、シュミレーションサイトがあるので活用しましょう。

退職前六ヶ月間の給与、年令、雇用保険への加入期間、離職理由さえ入力すれば、すぐに結果が出ます。

失業保険は、働く人の転ばぬ先の杖となっています。倒産やリストラ、病気やケガなどの予期せぬ事態に備えるためであり、自己都合退職の人でも生計を補助してくれる有難い制度です。

必要とするときには躊躇(ちゅうちょ)なく活用しましょう。

-コラム

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.