求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

求人・転職

転職するタイミング・時期はいつがいい?退職する時の伝え方や退職届の出し方は?

投稿日:

転職するタイミング・時期はいつがいい?退職する時の伝え方や退職届の出し方は?

人生において、転職することは今では当たり前になっています。

一つの会社に勤めて定年まで勤めるという考え方は、通用しません。

それは景気も理由となりますが、ライフスタイルの変化、労働者の考え方の変化も理由となります。転職する理由もさまざまです。

では転職に適したタイミング・時期はいつなのでしょうか?

転職するからには以前の職よりいい条件で働きたいものです。

しかしタイミングを間違えば求人もなく、自分の働く条件としてベストな職場に巡り会えない可能性が高くなります。

これから転職のタイミングから、退職する時の伝え方まで見ていきましょう。

転職する理由

転職する理由は人によって違います。しかし理由によっては会社から引き止められることもあるでしょう。

引き止められる=人材だと考えられている証拠です。

ここは素直に喜ぶところでしょう。会社から一定の評価をもらっているなら、どこの職場にいっても通用します。

具体的な転職理由の代表的な例を挙げていきます。

会社の都合

会社都合の退職、理由は2つ程考えられます。

CHECK!

  • 会社が倒産した
  • 会社のリストラの一環

会社が倒産した場合は、従業員に非はありません。転職活動に何も支障がないです。

問題はリストラの一環でクビになった場合です。

この場合、会社から人材としての価値が認められていなかったということになります。

リストラにあったという人には、いつかクビにした会社を見返してやろうという気概が必要です。

リストラにあったという事実は転職に響きます。

この事実から目を背けずに自分の転機として、積極的に転職活動をしていきましょう。

ステップアップ

自身のステップアップを考えて転職という選択をする人もいます。

筆者は以前介護職をしていましたが、ステップアップと心機一転を考えて転職をしました。

仕事で行き詰まってしまうことがあるでしょう。

そういった場合転職も一つの選択肢になります。考えた結果なら、自分自身が納得して転職できますので現状を考えて決めた方がいいです。

やりたい仕事

今働いている仕事に熱意を持てない、やる気が出ないという理由が転職理由になる場合があります。

注意したいのは、次に転職する場合大してやりたくもない仕事だったら同じことを繰り返すことになるでしょう。

仕事に対してやる気が出ないといのは、自分にも周りにも悪影響があります。

自分が何をしたいのか考えて、そこからやりたい仕事に転職すれば自分自身がやりたい仕事ですからやる気も出るものです。

給料アップ

給料に不満があれば、もっといい給料の職場へ転職したいと考えます。

仕事だけがきつくて給料に反映されていないとあれば、仕事に見合った給料を出してくれる職場で働きたいでしょう。

未婚か既婚かによってもこれは大きく分かれるところです。

未婚であればそこまで転職に対しての抵抗はありません。既婚なら生活がありますので、簡単には転職を決められないでしょう。

人によって転職理由は色々あるものです。

転職を有利にする条件

転職しようと考え、いざ面接を受けた場合、求人先の会社はどこを見るべきポイントに置いているのでしょうか?

これは求職者のステータスを中心に見てくることは間違いありません。

筆者が過去に転職しようと面接を受けた時の印象を元にお話しますが、例を一つ挙げるなら保険業です。

保険のセールスマンは、保険を紹介して入ってもらえたら成果となります。

初めから紹介できる人数が少なかった場合、苦労するのが目に見えるのです。

面接時に筆者が指摘されたのがその部分でした。

自分の人脈で何人位保険を勧められるのか?

最低でも100人はいないと無理だと言われました。

業種によって見るべきポイントはこういう形で変わるのです。

では具体的に何を転職前にしておくべきなのか見ていきます。

キャリアを積む

転職をする際、異業種へ転職しようという人は少ないでしょう。

転職するなら同業の職場をまずは候補に挙げます。他にも求職者がいた場合、その人その人によって積んできたキャリアが重要になってくるのです。

経歴が似たような求職者だった場合は、他の部分も見られます。

資格を取得する

求職者は横並び一線の状況です。

一歩先に出るには、仕事に役立つ資格を保有しているかというのはポイントになります。

世の中には資格ホルダーという人々がいますが、資格は利用して初めて存在意義を持つのです。持っているだけでは宝の持ち腐れ、眠らせておくにはもったいないでしょう。

必要な資格を取得することは、仕事に対しての熱意をアピールすることにもなります。

実績を挙げる

キャリアと重複してしまう部分もありますが、今まで自分が挙げてきた実績というのも求職者同士の中から一歩前へ抜け出す道標です。

逆の立場から考えて見たら分かりやすいでしょう。

同じ年数だけ仕事をしてきた求職者AとBがいます。

Aは長年同業種を10年勤めていました。

BはAと同じ年数仕事してきて、資格・実績共にAより多くあります。

あなたが面接官だったらどちらを採用しますか?

一つだけでは足りません。複数有利な条件を得ることで転職が成功する可能性は高まります。

転職のタイミング

ここからが本題となりますが、では一体転職のタイミングはいつなのか?

転職するにも時期を選ばなければ求人自体ない場合もあります。基本的に求人が出るタイミングは3月、6月、9月が転職しやすい時期です。

何故かといえば、この時期はちょうど仕事を辞める人がいるからだと考えられます。

転職を考えて動き出す人は、この時期に動いているということです。この波に乗り遅れずに転職先を見つけなければなりません。

それとともに、転職理由も人によって違います。主な理由を見ていきましょう。

生活を考えて

家族がいる人は、残業が多かったりすれば家族との時間がありません。

家族との時間が欲しいと考えて、転職を考える人もいるでしょう。

生活を考えて転職を考えるのは、誰にでもあることです。

収入を増やしたい

お金が少ないと、やりくりするのが大変です。

家族がいる人なら尚更お金は必要になってきます。マイホームを買った場合、定年まで払い続けなければいけません。

子どもがいる人は、養育費がかかります。

全てにおいてお金がかかってくるので収入を増やすことは家計を助けることにつながるのです。

また給料が少ないと、行動も制限されますのでそういった意味でも収入を増やしたいところです。

長く働ける職場

仕事は定年まで続けなければなりません。

定年はいつなのかは今分からなくなっていますが、長く続けられる職場を見つければ収入は安定します。

職場環境が良くないと長くは勤められませんので、自分で探していくしかないでしょう。

環境を変えたい

職場環境というのは、急激には変わらないものです。

長年その職場で熟成された空気が、閉塞感を産みます。毎日がつまらない、職場に行きたくないと考えることもあるでしょう。

閉塞感を打破する方法として、職場を変えるという選択肢を選ぶ人がいます。

仕事に対してのモチベーションも上がりませんし、会社のためにも本人のためにもならないのでこういった場合は転職をお勧めします。

退職する際の注意点

いざ退職しようと決めたなら、上司に退職の意思を伝えることになります。

これは伝え方もそうですが、どのタイミングで伝えるかも大切です。伝え方によっても円満退職にならなくなる可能性もあります。

ここから退職を伝えるタイミングなどを見ていきましょう。

いつ伝えるのがベストか?

退職する上でポイントとなるのが、上司に切り出すタイミングです。

職場の忙しさによって切り出すタイミングは考えなければならないでしょう。

同時に受け持っている仕事があるなら、引き継ぎも必要となります。

引き継ぎをすることを考えたなら、期間はどのくらい前がいいのか?

早く言い過ぎると職場に居づらくなりますし、かと言って引き継ぎをしない訳にも行きません。

結論からお話すると、2か月前がベストです。理由としては引き継ぎに割く時間を作る必要があるからです。

気まずくなるでしょうが、辞めるので耐えましょう。

立つ鳥跡を濁さずです。

伝え方で印象は変わる

上司に退職したいと伝える時、伝え方で円満に退職できるかどうかが決まってきます。

例えば職場に不満があり退職するとしましょう。

そのまま伝えれば退職するまでの期間、針のムシロ状態です。

退職する理由を正直に話す必要性はありませんし、円満に辞めようと考えているなら心では思っていても話す際は前向きな内容を理由にしましょう。

退職願と退職届の違い

退職する際書くのが退職届ですが、退職願という書式も存在します。

二つの違いはなんなのでしょう?

退職願

会社に退職を願い出る書類

退職届

退職することを会社に届け出る書類

このような違いがあります。

退職願は口頭で伝える形でも問題ありません。

意思表示として出すことはありますが、強調してそのあとが辛いですのでやめておいた方がいいです。

退職届の出し方

退職届を出す場合、一般的には上司に対して出します。

会社によっては人事部に出すなど規定がありますので、確認が必要です。形式は自由となっています。

まとめ

転職は人生において一大転機となる場面です。

転職して職場環境が変われば、モチベーションも違います。

あなたが良き転職先と巡り会えますように。

-求人・転職

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.