求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

派遣

派遣会社の選び方!メリット・デメリットは?登録から面談までに注意することは?

投稿日:

派遣会社の選び方!メリット・デメリットは?登録から面談までに注意することは?

派遣社員として働く際、まずは派遣会社に登録しますが、どの派遣会社が良いのか迷ってしまいますよね。

派遣先が変わっても、派遣会社はキャリアパートナーです。経験や評価、派遣会社との信頼関係は蓄積していきます。

だからこそ派遣会社を選ぶのは大事です。今回は派遣会社を選ぶ際のポイントをご紹介します!

派遣とは?

派遣は仕事をする企業とではなく、派遣会社と雇用契約を結ぶ

派遣は雇用形態の1つで、正社員や契約社員、アルバイトが企業と直接雇用契約を結ぶのに対し、派遣は派遣会社と雇用契約を結び、派遣された企業で仕事をします。

派遣会社が一方的には派遣先を決めるのではなく、派遣社員は希望や条件に合った企業の中から自分で派遣先を選ぶことができます。

派遣先は、企業と派遣社員が面談し、両者の合意のもとで決定されます。

派遣の仕事には契約期間がある

派遣の仕事には、内容によって異なる契約期間があります。1日や1週間といった短期の物から、半年以上の長期の物まで様々です。

長期の契約と言っても、3ヶ月ごとなどの短めの契約を更新し続けることで長期契約としている場合が多く、会社の事情で突然契約が更新されない場合もあるため要注意です。

給料は時給計算

派遣社員の給料計算は時給で行われます。そのため、忙しい月とそうでない月によって変動があります。

時間外や深夜に労働した場合は時給がアップすることもあり、その割合は派遣会社ごとに異なります。

派遣会社の利用の流れ

登録

まずは、派遣会社に登録しましょう。登録方法は派遣会社ごとに異なるため、ホームページで確認しましょう。

派遣会社に登録しただけでは派遣会社と雇用契約を結んだわけではないことに注意です。

対面での登録・スキルチェック

派遣会社は、企業に自社で直接雇用契約を結んだスタッフを派遣するため、派遣社員の正確な経歴や人柄を知ることは重要になります。

そのため、ホームページ上で基本情報の登録をした後も、派遣会社を訪問し、対面で面談してから正式な登録となる場合が多いです。

面談当日は、派遣としての説明を受けた後、派遣としての就労意思を確認し、基本的なテストをしてスキルチェックをして、登録となります。

コーディネーターとの面談

登録が完了したら、仕事の相談・紹介をしてくれるコーディネーターとの面談を行います。

条件が合えば希望職種の仕事も紹介してもらえるため、自分が具体的にどんな仕事に就きたいか、希望や条件を正確に伝えましょう。

条件が多すぎると、仕事が限られ、派遣先が見つからない状況になることもあるため、何が譲れない条件なのか、優先順位も伝えるようにしましょう。

派遣会社が今後の派遣先企業を紹介してくれるため、面談では、自信をもって派遣先企業に紹介したい人材であると思ってもらうことが大切です。

緊張しすぎる必要はありませんが、大切な面談です。節度をもって、派遣先での仕事ぶりがイメージできるように積極的に対応しましょう。

派遣先企業の紹介

コーディネーターとの面談で自分のスキルや希望を伝えたら、それを考慮した仕事が紹介されます。

希望と合致した場合は派遣先に紹介してもらえますし、合致しなければ断ることも可能です。

1つの派遣会社で同時に進める事のできる案件は1つなので、希望案件は1つに絞らなければならないことが注意点です。

派遣先の担当者との顔合わせ

短気の派遣の場合はありませんが、長期の派遣の場合は、派遣先企業の担当者と顔合わせをします。

これまでの職歴を簡単に話し、業務に関する打ち合わせを行う場です。面接ではないため、派遣会社のコーディネーターも同席し、出身の学校名など、具体的な個人情報を話す必要はありません。

顔合わせ後に実際に働くかどうかの意思確認が行われます。問題がない場合は就業スタートとなります。

派遣で働くメリット

希望職種が選べる

派遣社員は仕事内容を選んで就職できるので、希望部署に配属されなかったなどのミスマッチが起こりにくいです。

正社員では入社が難しい大手の企業であっても派遣社員に対する間口は広く、就職しやすいため、憧れの企業で働くこともできます。

大手企業で勤務した経験も積めますし、チャンスがあれば社員登用も可能です。

派遣会社に条件交渉をしてもらえる

派遣先の企業には、派遣会社を通して希望を伝えたり、条件交渉をすることができます。

トラブルが発生した場合も、派遣会社から契約期間の満期終了をお願いできるので、気持ち的には楽と言う声が多いです。

職場を変えてもキャリアを引き継げる

派遣先が変わっても、派遣会社は同じなので、キャリアや今までの経歴、派遣会社との信頼関係はそのまま継続できます。

家族の転勤などで勤務地を転々とすることが多いという方も、知らない地でもすぐに就職することが可能です。

知らない会社あてに個人情報が満載の履歴書を送らずに済むのも嬉しいです。

定時退社が可能で、残業しても手当がある

派遣社員は残業手当もきっちり換算されるため、サービス残業はありません。

また、時間外の手当ては割増しのことも多いので、会社側から定時で帰るよう促されることも多いです。

プライベートを充実させたいという方にもおすすめの雇用形態です。

良い派遣会社を選ぶポイント

まずは条件の異なる派遣会社に複数登録する

派遣として働く場合、派遣契約が終了する度に次の仕事を探す必要があるため、複数の派遣会社にあらかじめ登録しておくと、効率的に情報を収集できます。

派遣会社には、案件数が豊富で、福利厚生も充実した大手の派遣会社もあれば、特定の業界や業種に特化した中小規模の派遣会社、有名グループの派遣会社など様々な形態があります。

まずは複数の派遣会社に登録し、どんな案件を扱っているのか比べてみることをおすすめします。

安易に派遣会社を渡り歩くのは危険

複数の派遣会社に登録して見比べるのはおすすめですが、契約が切れるたびに新しい派遣会社に登録しなおすのは危険です。

登録したばかりでは、自分の希望が汲み取られないことも多く、実績のある既存の派遣スタッフが優先されることもあります。

派遣先が変わっても、派遣会社はキャリアパートナーととらえ、経験や評価、派遣会社との信頼関係は積み重ねていくようにしましょう。

大手の派遣会社の特徴

  • 全業種の求人があるため、いろんな求人を参考にできる
  • 求人数が圧倒的に多いため、紹介されやすく、契約期間が終わってもすぐに次の派遣先がきまる
  • 福利厚生がしっかりしている
  • 研修内容が充実している
  • 規模が大きく、登録スタッフの人数も多いため、対応は機械的になりがち。親身に対応してほしい方には向かないこともある

中小規模の派遣会社の特徴

  • 特定の業界や職種・性別や年代などの属性に特化している場合が多い
  • 特定の分野では求人数が多いため、自分の希望がはっきりしている方におすすめ
  • 深く業界に精通しているため、企業とのコネクションも強い
  • 専門スキルの研修を実施している
  • 大手の派遣会社に比べ、登録スタッフは少ないため、親身になって対応してくれる
  • 経験者の登録が多いため、未経験者やスキルがない場合は紹介されにくい
  • 福利厚生がそれほど充実していないことが多い

有名グループが運営する派遣会社の特徴

  • そのグループの企業に派遣されることが多いため、グループ企業で働きたい希望がある方におすすめ
  • グループ内の大手企業にも勤めやすい
  • グループ企業と同じ福利厚生を受けることができる
  • グループ内に派遣会社を設けるのは、単価を抑えて派遣スタッフを確保するためなので、派遣スタッフに払われる時給も安くなる

良い派遣会社を選ぶ際のチェック項目

希望の職種に強いか

案件数が多くても、自分の希望の案件が少なく、選択肢がなくては意味がありません。

派遣会社がどういう仕事に強い会社なのかは派遣会社を選ぶうえで大切なポイントとなります。

特定の業界・職種に強い派遣会社のコーディネーターは、専門的なアドバイスをくれることも多いので、仕事を始めたあとも相談がしやすいです。

時給の水準は高いか

実は、派遣会社によって時給の水準は異なります。同じ勤務場所、仕事内容であっても時給が一律ではない場合があります。

同じ仕事をしているのにもかかわらず、派遣会社によって時給が異なるのは嫌ですよね。

あらかじめ派遣会社を比較して確認しておきましょう。

研修が充実していてスキルアップができるか

派遣登録をした場合、スキルアップのための研修をうけることができます。

派遣会社によっては300講座もの中から自由に選択し、無料もしくは、一般スクールよりも安価で受けることも可能です。

スキルアップや未経験の仕事へのチャレンジを考えている方、ブランクが合って不安な方は、研修が充実した派遣会社への登録をおすすめします。

福利厚生は充実しているか

福利厚生は、派遣会社によって異なります。

基本的には大企業の方が充実しているケースが多いですが、有名グループに所属する派遣会社は、親会社の福利厚生が適用されるケースもあります。

福利厚生は社会保障の充実に直接関連しますので、特に重視しておきたいです。

希望勤務地に近い支店があるか

良い求人があっても、通うことができなければ意味がありません。

派遣会社によっては、都市部など、限定した地域の求人のみを掲載しているところもあります。

多くの支店をもつ派遣会社であれば、より多くの地域をカバーしているので、希望勤務地に派遣先の企業が少ないと悩んでいる方は、派遣会社の支店があるかどうかを参考にしてみてください。

口コミ情報を確認する

実際に派遣会社を利用して派遣されたスタッフもたくさんいますので、口コミや評判を集めるのは非常に効果的です。

社員の対応や働き始めてからのフォロー体制など、口コミを確認すると実際に働いたことのあるスタッフの生の声を聴くことができます。

ただ、あくまでも主観で書かれており、偏った内容である可能性も高いので、参考にする程度にとどめましょう。

まとめ

今回は派遣会社を選ぶポイントをご紹介しました。様々な特徴の派遣会社があるので、複数登録して自分に合った派遣会社を見つけましょう。

その際は、自分が働くにあたって何を重視しているのかを明確にしておくことをおすすめします。

-派遣

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.