求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

コラム

フリーランスのための確定申告のやり方!税金対策についても解説します

投稿日:

フリーランスのための確定申告のやり方!税金対策についても解説します!

これまでサラリーマンだった人は、自分で確定申告をしなくても会社が代わりにやってくれました。

晴れてフリーランスになったならば、所得税の申告を自分で行うことになります。

今年初めて確定申告を行う人のために、準備しておくべきこと、心がけるべきことをまとめてみました。

また、納税や節税など税金対策についても、使い勝手がよくメリットの多いものを中心にご案内します。

青色申告をするにあたって

確定申告は、1月1日から12月31日までのすべての収入と所得税額などを計算し、源泉徴収された所得税の過不足を調整するために行います。

翌年の2月中旬から3月中旬までの期間に申告します。

フリーランスになって特に何も手続きを行わないと白色申告になります。

でも青色申告にしたほうが税制面で有利です。

青色申告のメリットとデメリット

フリーランスになると「青色申告」という言葉をよく耳にします。

なぜかと言うと、フリーランスであれば、「青色申告」を使ったほうが色々とメリットがあるからです。

ぜひ活用したいメリット

青色申告のメリットには、次のようなものがあります。

青色申告のメリット

  • 最大65万円の特別控除が使える
  • 親族に支払った賃金は「青色事業専従者給与と呼ばれ、」経費として計上できる
  • 損失が出た年の赤字を3年まで繰り越しできる

フリーランス、すなわち個人事業主で青色申告を利用する人が多いのは、多少事務作業が増えるけど、このメリットが大きいからです。

自分で事業を行うと、売上に波があります。損失を3年間繰り越しできるこの申告制度は、ぜひ多くの方におすすめしたい制度です

知っておくべきデメリット

デメリットとしては、複式簿記で申告しなければならない点です。複式簿記は少々専門的な知識が必要です。

記帳は手間がかかりますが、白色申告でも記帳は必要です。複式簿記にすることで、青色申告にすることができます。

最近では使いやすい会計ソフトも増え、簿記の知識がなくても申告に必要な書類を作成できるようになってきました。

また税理士さんや青色申告会のような相談できる場所もあります。

フリーランス一年目にすべきこと

次にフリーランス一年目の方がしておくべきことを具体的に解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

申請する

青色申告の申請書を税務署に提出することが最初の第一歩です。

「所得税の青色申告承認申請書」に記入して税務署に提出します。

期限ですが、承認を受けようとする年の3月15日までに提出します。

その年の1月16日以後に開業した場合には、開業の日から2か月以内となります。

経費を把握する

事業を行う上で必要な費用と証明できるものが経費です。

項目としては、次のようなものがあります。

フリーランスの経費一覧

  • 租税公課
  • 修繕費
  • 荷造運賃
  • 水道光熱費
  • 広告宣伝費
  • 保険料
  • 消耗品代
  • 福利厚生費
  • 賃金
  • 地代家賃
  • 外注工賃
  • 新聞図書費
  • 支払手数料
  • 寄付金
  • 減価償却費
  • 旅費交通費
  • 修繕積立金
  • 通信費
  • 接待交際費

ずいぶんとたくさんあります。

この中から三つ抜粋して解説していきます。

水道光熱費

フリーランスの中には、自宅を作業場として使っている人もいるでしょう。

そういう場合、自宅の水道光熱費の一部を経費にすることができます。

仮に自宅の30%を作業スペースとして使っている場合、電気代の30%は経費となります。

仕事に使っている割合に合わせて、認められます。

この場合も、領収書などきちんと保管しておきます。

接待交際費

接待交際費の意味は幅広く、仕事仲間との食事やゴルフなどにも使えます。

法人だと上限がありますが、個人事業主の場合は、上限がありません。

ただ、プライベートと判別しにくい項目でもあります。

仕事上必要であったことが要件ですので、公私混同しないよう気をつけます。

減価償却費

減価償却は「取得金額が高額で、長期にわたって利用できるもの」については、数年にわたって少しずつ経費として計上できる仕組みです。

数字を使ってわかりやすく言うと、15万円で購入したものを、毎年5万円ずつ3年間経費として計上できるということになります。

この場合3年としましたが、償却にかかる年数を耐用年数と言います。

耐用年数はものによって異なります。

青色申告の場合は、取得価格10万円以上30万円未満の減価償却が対象です。

確定申告の方法を決める

最初の一年目はわからないことも多く申告準備も時間がかかるでしょう。

とりあえず大切なポイントは二つです。

ポイント!

  • とりあえず仕分帳を作ってお金の動きを記録する
  • 領収書はとっておく

フリーランスになると、確定申告は毎年のことになります。

最初の年はいろいろと大変かもしれませんが、次の年からは繰り返しになっていきます。

申告の方法ですが、自分で行うことも可能です。

あるいは会計ソフトを使って自分で処理することもできるでしょう。

税理士に頼むか、青色申告会に入会してプロに任せている人もいます。

いずれかの方法で申告することになります。なるべく早めに決めると安心ですね。

また、フラーランス一年目の人で、それ以前はサラリーマンだった人もいるかもしれません。

例えば6月まで会社勤めだったら、六カ月分の給与所得があったことになります。

会社から源泉徴収票を送ってもらい、申告に使いましょう。

きちんと申告、賢く節税

確定申告書には、基礎控除や扶養控除をはじめとして、「所得から差し引かれる金額」欄に様々な控除の項目が書かれています。

「所得から差し引かれる金額」が増えることが節税の効果を生みます。

小規模企業共済

通称「中小機構」と呼ばれている独立行政法人「中小企業基盤整備機構」が実施しているのが、小規模企業共済です。

名称から企業の経営者でないと加入できないように思われそうですが、個人事業主も入れます。

将来のために毎月定額を積み立てるもので、退職時に受け取るのを想定して作られた制度です。

個人事業主のための退職金制度と考えて良いでしょう。

節税のポイントは、保険料が全額損金として計上される点です。

その効果はかなり大きく、課税される所得金額が400万円の人が毎月3万円の掛金を払うと

チェック!

  • 加入前の所得税と住民税:785,300円
  • 加入後の節税額:109,500円

このように10万円以上を節税することができます。

もちろん、支払った保険料は将来自分が受け取ることができます。

毎月の掛金は1,000円から7万円までと幅があるので、自分に合った金額で申し込めます。

ふるさと納税

フリーランスでなくても使えますが、「ふるさと納税」は所得税と住民税を減額するのに効果があります。

全国の市町村の中から自分が指定したところに納税(寄附)して、お礼の品をもらう制度です。

2,000円だけ実質負担となりますが、寄付金控除が利用できます。

寄附を受けた市町村から、お礼の品とは別に「受領証明書」が送られてきます。

それが確定申告に必要な書類となります。

医療費や生命保険など

その他にも、控除の対象になるものがいくつかあります。

これは青色申告でない人でも利用できますが、医療費控除、生命保険控除、住宅ローン控除など身近なものが控除の対象になっています。

控除は多いほど節税になります。

控除を受けるには、支払いを証明する資料が求められます。

医療費であれば領収書、生命保険控除であれば保険会社から郵送されてくる生命保険料控除証明書などです。

これらの必要な資料を大切に保管しておき、確定申告の時期に添付して提出します。

まとめ

ご紹介したなかでも、青色申告特別控除の65万円と小規模共済は、個人事業主ならではの節税です。

小規模共済は年払いが可能なので、利益が出そうなときに加入することで損金をふやし、利益を小さくすることができます。

一度申告すると、フリーランスとしての確定申告に自信がつくと思います。

きちんと申告、上手に節税を心がけて、自分の事業を育てていきましょう。

-コラム

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.