求人・転職・バイト・派遣・副業・起業に役立つお仕事総合情報サイト

ビズグイーダ

コラム

ブラック企業の3つの特徴と求人選びに失敗しないための心構えとは?

投稿日:

ブラック企業の3つの特徴と求人選びに失敗しないための心構えとは?

今、あなたの働いている会社は大丈夫でしょうか?もしかするとブラック企業という可能性はありませんか?

仕事をしている中ではなかなか見抜けないブラック企業は、実は定義はほとんどありません。

しかし現在働いていて、何か問題を抱えているのなら、ブラック企業である可能性もあります。

ブラック企業とは一体どのような会社のことを言うのでしょうか?

もしブラック企業に勤めていることがわかったら、どうすれば良いのでしょうか。

ブラック企業は1度努めると抜け出すことが難しいとも言われています。

そんなブラック企業について今回は紹介していきましょう。

ブラック企業とは?

一般的にブラック企業とはどのような企業を指すのでしょうか。

知らないうちに自分もブラック企業に勤めていた、ということも少なくありません。

一体ブラック企業とはどのような企業を指すのでしょうか。

一般的には暴力団など反社会的団体と繋がりを持ち、違法行為を常態化させている企業を言います。

狭い意味では新興産業において若い年代を大量に採用、過重労働や違法労働によって使いつぶし、次々離職に追い込む成長大企業です。

要約すると、ブラック企業は将来設計が経たない賃金で長期間の労働を強い、若者を使い捨てるような企業、と呼べるでしょう。

また対象は正社員ですが、アルバイトにも使われます。

またこのような企業を以下のように説明しています。

チェック!!

  • 明確な基準がない
  • 一般に言われる特徴は労働法規則に違反している
  • パワハラ、セクハラが横行される企業であること
  • 離職率が高く、メンタルダウンする社員が多いこと

ブラック企業についてはパワハラやモラハラ、セクハラも含め、主観も入りますから、なかなかブラック企業だ!と決めつけるのが難しい現状なんですよ。

辞めるためにはどうすれば良い?

もし自分の勤めてる企業がブラック企業だと判明した場合、辞めるにはどうすれば良いのでしょうか。

賃金は安く、しかしそれ以上に労働時間は長い、休暇は取れない・・・。おかしいと思って調べてみると、ブラック企業に当てはまる、そんな場合はどう辞めるべきなのでしょうか。

ブラック企業側としては、まだ働けるであろう社員を手放したくありませんから、引き留めることは必須です。

しかし自分の体を考えると、ブラック企業から抜け出すには辞める方法を考える必要がありますね。

労働基準監督署に相談すべし!

ブラック企業はなかなか社員を辞めさせてくれません。

企業によっては上司の許可が必要であったり、許可がないなら無理など、人事部であろうと話を聞いてくれないことも多くあるんですよ。

そんな場合は労働基準監督署に相談するのが1番です。

どれだけその企業がブラック企業で、辞めたいのにどうしても辞めさせてくれないという旨を伝えることにより、労働基準監督署から、その企業あてに指導が行われ、話を取り次いでもらうことが可能です。

弁護士に相談する

最終手段として、ブラック企業を辞める際に弁護士に相談するとうい手段あります。

日本労働弁護士団体ホットラインというものがありますから、地方の弁護士を紹介してくれます。

弁護士に頼むにはそれ相応の金額がかかりますが、ブラック企業からまだもらっていない賃金や残業代など、しっかり手順を踏んでことを進めてくれるため、おすすめでしょう。

また自分が法律に疎くても、弁護士なら既に分かり切っていることなので、スムーズな退職をすることができます。

しかも金銭もしっかり取り立てることができますから、最終手段としては弁護士に頼むのも良いでしょう。

ブラック企業の特徴

ブラック企業にはどのような特徴があるのでしょうか。

ブラック企業ならではの特徴があれば、自分が今就いている会社がブラック企業かどうか判明するかもしれませんね。

ブラック企業の特徴について見ていきましょう。

残業代が出ない

ブラック企業の特徴の1つに、残業代が出ないというものがあります。

どれだけ深夜まで勤務していても、給料が上乗せさせることはなく、サービス残業として扱われるんですよ。

働いた分だけ給与をもらう。

そんな当たり前のことが、ブラック企業には通じません。

労働基準を無視しているブラック企業は仕事を常に増やし、社員はメンタル面でも肉体的にも披露し、ボロボロになってしまいます。

また職業安定所に出ている求人には、残業は月にどれくらいかを実際のものよりかなり少なく記載されていることもあります。

求人内容としては、労働時間が本当であるのか見極める必要がありますね。しかしハローワークのような職業安定所ではなかなかそれを見極めることができません。

ではポイントを1つ挙げてみましょう。それは、即採用している、という点です。

即作用ということは、いつでも働きに来てくれて歓迎ということになりますが、即採用は実はブラック企業の落とし穴です。

一発OKの即採用には注意が必要です。また、トラックのドライバーや引っ越し屋さんもブラック企業の可能性が高いので、注意が必要です。

休みが取れない・ボランティア精神など都合のよい言葉を言う

またブラック企業ではなかなか休みが取れません。

たくさん残ってる有休を使おうと思っても、上司がそれを許さないからです。

ただ、給与が下がっても休みが取れるのはまだ良い方なんですよ。

中には全く休みも取れず、毎日働くことになり、その結果、過労死する事故に繋がるケースもあります。

ブラック企業にとってはとにかく利益が優先なんですよ。

そのため社員には決められた休みが取れず、まるでロボットの如く働かされます。

さらに上司に突然休日出勤や残業を頼まれ、やむを得ない理由があって、その日は休日出勤をすることが難しい場合でも、

  • 「ボランティア精神はないのか」
  • 「お前より年配の人は働いているんだぞ」

などと言った都合の良い言葉に言い換え、コキツ使うケースも多々あります。

そして1度OKしてしまと、何度も頼まれてしまう羽目になるんですよ。

拘束時間が長いこと・契約派遣社員は使い捨て

ブラック企業にありがちなのが、拘束時間が長いことです。

歩合給である企業であっても、達成困難であるノルマ、通常の企業ではあり得ないタスクを言いつけられることが多いにあります。

そのため、長時間働かされることになるんですよ。上層部が終わらない仕事を押し付けているのは、上司が無能もしくは確信犯だと考えて良いでしょう。

終わらない仕事は社員のせいだという風潮がいまだ日本の企業に残っているのがブラック企業の実態です。

さらに派遣社員や契約社員はもっと悲惨です。

工場や現場作業などの正社員は、有休をしっかり取れているけれど、残業も少なく、契約や派遣社員を取ると、仕事が忙しいという理由で思うように休暇をとることができません。

残業時間や休日出勤も増え、体調を崩す人も少なくありません。

正社員ですらブラック企業に勤めている人は精神的、肉体的な疲労が大きいですが、派遣社員や契約社員はもっと酷くあつかわれます。

いつでも切り捨て可能な存在としてみられていますから、もし辞めても次の契約社員や派遣社員を雇えばいいと思っているのがブラック企業なんですよ。

実際人が辞めてしまっても情けない、根性がない、など簡単な一言で済ませてしまい、ブラック企業は一切反省の色は見せません。

ブラック企業は人を切り捨て、また採用し、切り捨ての繰り返しをしているのです。

求人選びに失敗しない方法

ではそのようなブラック企業にはまらないあめにはどうすればよいのでしょうか。

上手な求人方法はあるのでしょうか。

できればクリーンな企業で、しっかり有休も取れ、祝日や土日もしくはシフト制で休める企業が好ましいですよね。

そんな企業を探すには一体どうすれば良いのでしょうか。

転職サイトを活用する

まず転職サイトを利用しましょう。

転職サイトで取り扱っている求人には、ブラック企業はないと言えます。

それこそコンサルタントが職場を見てまわり、どのような職場の雰囲気かも掴んでいます。

求人サイトに登録すると働きながらでも転職活動を行うことができます。

自分の望んでいる企業にマッチした案件をコンサルタントが選んで送付してくれますから、自分が興味のある案件に応募したい旨を伝えるだけでいいんですよ。

もし1回目の案件で自分には合わなさそうだと感じたら、それもこのコンサルタントに伝えると、別の案件を送付してくれます。

第三者から見た自分とそのその企業のマッチング率は高く利用している人も大勢います。

求人選びに失敗しない方法として、転職サイトはおすすめです。

企業研究

また念入りな企業研究も必要です。

ブラック企業か否か、傍目では分かりませんから、その企業が魅力的だと感じても、細かく企業分析する必要があります。

会社のコンセプト、理念はもちろんのこと、インターネット上でその企業がどう評価されているかもチェックする必要があります。

良い口コミもあるでしょうし、悪い口コミもあるでしょう。

しかし悪い口コミのなかにブラック企業の要素が入っていなければ、まずは安心して良いでしょう。

ただ、やはり自分の足で稼いだ企業研究はしっかりしておくべきでしょうね。

面接の際にも役立ちますし、何より自分が就きたい仕事につけるのですから、企業研究は必須と思っておきましょう。

ポジティブな面接

最後に自分が応募したいと思った企業で、書類選考が通れば、ポジティブな面背を心がけましょう。

なぜ前の企業を辞めたのかという質問は必ず問われます。

その際の理由ははっきり答えましょう。ブラック企業という名称は出さなくても良いですが、休暇が取れず、有休も使えず、サービス残業で体が疲弊してしまった、と素直に答えましょう。

ただ、今回の企業では充分やる気はありますし、自分はこれだけ辛い仕事をつづけてきたのですから、

  • 「どのような過酷な仕事でもこなしていくことができます!」

というポジティブな面接を心がけましょう。

  • 自分のつけるポジション
  • その企業でやりたいこと
  • やれることや企画
  • それを成し遂げるためにはどうすれば良いのか

具体的に話すのがポイントです。

まとめ

どうでしょうか。ブラック企業について若干知識を得ましたか?

  • ブラック企業はなかなか辞めさせてくれない
  • 勤務時間が長い
  • 休暇が取れない

など、メンタル面でも肉体面でも疲労が蓄積される企業です。

今回はブラック企業の主な特徴を紹介しました。あなたが今勤務している職場はブラック企業ではありませんか。

そうでなければ幸いですが、もし今回あげた特徴に当てはまっているのなら、注意が必要です。

ブラック企業から抜け出すためにも最善の努力を尽くしましょう。

-コラム

Copyright© ビズグイーダ , 2020 All Rights Reserved.